新潟リンパマッサージ フェイシャルエステサロン【アドール】

腸セラピーの薦め

2012-08-24

腸が免疫の要と言われています。腸が動けば肌も若返って行きます。免疫とは、ウィルスや細菌などの異物から体を守る防御システムです。その役割を担うリンパ球の6割以上が腸管にあるといわれています。腸管の免疫システムを良好な状態に保つためには、善玉の腸内細菌が欠かせません。便秘で悪玉の腸内細菌が増えると、免疫システムまで危険にさらすことになるのです。
便秘  ⇒肌荒れ(血液中の毒素によって血流が悪くなり、新陳代謝が低下。乾燥やくすみ、にきび、吹き出物の原因に)  
⇒体臭(便秘が続くと、アセトン臭という体臭が出やすくなる)  
⇒むくみ(毒素の影響で血行が悪く、体の水分たいしゃも低下する。特に下半身がむくみやすくなる)
⇒免疫力低下(腸内細菌のバランスが乱れて悪玉菌が増えると、免疫力が低下する)

素早く毒素を排泄出来るようにしましょう。
便秘は肌荒れや冷え、むくみ、体臭の原因になります。便秘を解消することによって毒素を排出し、同時に腸内環境をととのえると、免疫力があがって、全身が元気になって行きます。
(ひどい便秘の治し方  松生恒夫 監修 一部参照)

便秘解消には食物繊維、オリゴ糖、抗酸化作用があるオリーブオイルなどが、知られています。中からに加えて腸を動かす体操や、腸セラピー、リンパマッサージがお薦めです。パンパンに張っていたお腹が、わずか10分程で腸が動きだす音が聞こえて柔らかなお腹になっていきます。

又、夏場に体(腸)を冷やして、秋口に体調を悪くする方がいらっしゃいます。冷房や冷たいものを口にする機会が多くなると腸の働きも鈍ります。 ゆっくり足湯や半身浴をしながら体を労わってあげましょう。


 
 
 
Copyright(c) 2011 - 2018 新潟フェイシャルエステ Adore All Rights Reserved.